惹かれもの日記ーヤフオク!を楽しむ

ロングウォレットなど革小物作りを中心とした趣味の話、持病の話、ダイエットや、お薦め情報など惹かれそうな情報を日記風に書き綴っています。

Top Page » Next
2019-08-21 (Wed)

多機能を有する定期券入れ

多機能を有する定期券入れ

これまで多機能を有する定期券入れを色々作ってきたが、イマイチ気に入らない。そこで、今回はLファスナーとWマチとを組み合わせて、収納力のあるものにした。今回の工夫はLファスナーとWマチがぶつかるコーナーの隙間をなるべく少なくするため、R5センチに他のコーナーはR10センチにしたこと。ちなみに、多機能とはICカードがポケット前面、背面のほか、カード数枚のケースと札入れになること。 ←画像をクリックすれば、他の完成...

… 続きを読む

これまで多機能を有する定期券入れを色々作ってきたが、イマイチ気に入らない。

そこで、今回はLファスナーとWマチとを組み合わせて、収納力のあるものにした。

iccardcase15-10.jpg

今回の工夫はLファスナーとWマチがぶつかるコーナーの隙間をなるべく少なくするため、R5センチに他のコーナーはR10センチにしたこと。

ちなみに、多機能とはICカードがポケット前面、背面のほか、カード数枚のケースと札入れになること。

iccardcase15-01.jpg ←画像をクリックすれば、他の完成画像をご覧いただけます。

2019-08-20 (Tue)

コインが入るフクロウ形キーホルダー

コインが入るフクロウ形キーホルダー

今回は500円玉や100円玉を忍ばせておけるフクロウ形のキーフォルダーの製作。アクセサリーにもなるように取り外し可能なミニナスカンのストラップ付きにした。   ウォーキングの際に家のキーを持ちだすときなど小銭を数枚忍ばせておけば、コンビニにも立ち寄れるので便利かな。このフクロウ形のキーホルダーは露店での販売を意識して製作したもの。値付け1000円は安い?高い?...

… 続きを読む

今回は500円玉や100円玉を忍ばせておけるフクロウ形のキーフォルダーの製作。

owlkeyholder09-200.jpg

アクセサリーにもなるように取り外し可能なミニナスカンのストラップ付きにした。

owlkeyholder09-10.jpg

owlkeyholder09-04.jpg owlkeyholder09-05.jpg

owlkeyholder09-06.jpg owlkeyholder09-07.jpg

owlkeyholder09-08.jpg owlkeyholder09-09.jpg


ウォーキングの際に家のキーを持ちだすときなど小銭を数枚忍ばせておけば、コンビニにも立ち寄れるので便利かな。

このフクロウ形のキーホルダーは露店での販売を意識して製作したもの。

値付け1000円は安い?高い?





2019-08-16 (Fri)

ショルダーバッグのオーダー

ショルダーバッグのオーダー

盆前にラジオ体操参加者のご婦人から、姪と叔母にショルダーバックとトートバッグを作ってもらえないかと依頼があった。バッグはこれまであまり作っていないことと、作るとしても10月以降になるので、いずれもとりあえずはお断りということを伝えてもらうことにした。ショルダーバッグのオーダーの内容①サイズは縦28センチ、横32センチ、底マチ10センチ②ファスナーの本体蓋(天蓋)③長財布が入るスペースを有する外ポケット 留め...

… 続きを読む

盆前にラジオ体操参加者のご婦人から、姪と叔母にショルダーバックとトートバッグを作ってもらえないかと依頼があった。

バッグはこれまであまり作っていないことと、作るとしても10月以降になるので、いずれもとりあえずはお断りということを伝えてもらうことにした。


ショルダーバッグのオーダーの内容

①サイズは縦28センチ、横32センチ、底マチ10センチ

②ファスナーの本体蓋(天蓋)

③長財布が入るスペースを有する外ポケット 留め金具はボタン 

④内ポケットはファスナー

⑤ベルトは3センチ幅


一応断ったオーダーだが、盆の期間中、外出も来客の予定もなかったので作ってみた。

作成方法は、一枚の革で底から蓋まで作る「ずだ袋」方式。


やはりファスナー蓋が難しい。

shoulderbag512-001-19.jpg


本体の口を3センチ幅折り返し、その折り返しにファスナーを縫い付けてみたが、蓋幅はもう少し広いほうがよさそうなので、折り返しに革を継ぎ足し、その継ぎ足し革にファスナーを縫い付けた。

これで、ファスナーを閉めた状態で約8センチ幅の天蓋になった。

天蓋はファスナー閉めをしないケースも想定して、マグネット留めが出来るようにしてみた。

本体が柔らかい革なので、このマグネット止めは型崩れを防ぐ役割も果たす。


苦労して天蓋にファスナーを取り付けてみたが、取り付け方向が逆だったこと。さらに、ファスナーエンド側の長さを取り過ぎたため、ファスナーを閉めるときに難があることが判明。

ということで、苦労して取り付けたファスナーを取り外し、ファスナーのエンド側の長さを少し短くして縫い直した。

ポケット付き本体裏地(布貼り)は、拝み倒して家内になんとか作ってもらった。

いろいろ、試行錯誤して完成した「ずだ袋」がこれ。

shoulderbag512-001-01.jpg

画像をクリックすると他の完成画像がご覧いただけます。



今朝、スマホで撮影し、ご依頼のあったご婦人に見せたところ、「先方には既にオーダーを断られた旨伝えているので・・・」ということで商談不成立。

ご依頼のあった姪御さんは、尾道在住とのこと。実物を手にとって確認して欲しかったが、遠方なので難しいとのこと。

オーダーの話を受けた際に、中途半端な対応をしたことが招いた結果だが、一応、オーダーに近いものを作ったので、先方には誠意ある取り組み姿勢を示せたはず。

この作品、家内に手伝ってもらったし、愛着も出てきたので、家内にプレゼントする予定。


ーーーーーーーーーーーー

後刻、家内にプレゼントの話をすると、即、「いらん」と言われた。

「何故、いらんのか」と問うと、我輩がこれまでプレゼントした品について、汚すなとか小言を言ったので、また言われるのが嫌だとのこと、それと「ずだ袋」は沢山持っているらしい。ただし、布製。

さて、この「ずだ袋」どうしたものか。

ちなみに、このショルダーバッグの肩掛けベルトは着脱可能にしたので、長めの取っ手をつけてトートバッグにしてもいいかなと思っている。